令和4年度における国民年金保険料の前納額を公表

学生(20歳以上)や自営業者などが加入することになる国民年金においては、一定期間の保険料をまとめて納めることにより保険料が割引となる「前納制度」が設けられています。

この度、令和4年度における国民年金保険料の前納額について、厚生労働省よりプレスリリースが行われました。

たとえば、口座振替による2年前納の場合の保険料額 (令和4年4月~令和6年3月分の保険料が対象)については、毎月納める場合より15,790円の割引になります。

詳しくは、こちらをご覧ください。
https://www.mhlw.go.jp/content/12512000/000885637.pdf

<令和4年度における国民年金保険料の前納額について(厚労省)

(1) 6ヶ月前納の場合の保険料額(令和4年4月~令和4年9月分の保険料または 令和4年10月~令和5年3月分の保険料が対象)
・口座振替の場合:98,410円(毎月納める場合より1,130円の割引)
・現金納付の場合:98,730円(毎月納める場合より 810円の割引)

(2)1年前納の場合の保険料額(令和4年4月~令和5年3月分の保険料が対象)
・口座振替の場合:194,910円(毎月納める場合より4,170円の割引)
・現金納付の場合:195,550円(毎月納める場合より3,530円の割引)

(3)2年前納の場合の保険料額 (令和4年4月~令和6年3月分の保険料が対象)
・口座振替の場合:381,530円(毎月納める場合より15,790円の割引)
・現金納付の場合:382,780円(毎月納める場合より14,540円の割引)
※クレジットカード納付の前納の保険料額は現金納付と同じ金額になります。